メインイメージ画像

わからないことを曖昧なままにしない!

新婚生活のために購買目的で不動産を探し契約する事は夢のような事です。しかし、現実はそれに向かい大変な手続きがついてきます。後々に問題の発端を作らないように売買契約の基礎知識を知っておきましょう。重要事項の説明が済み条件を双方の立場が合意すると、契約成立とされます。基本、双方が契約内容に合意であれば中身は自由です。買う側が一方的に不利とならない為の法令もあるのですが、最終的には自分の責任となります。

契約が成立すると気楽に解除は不可能です。契約上で決めていない事柄は何かが起こった時に法律の元協議する事となるのです。そのため重大な契約条件はけしてあやふやにせずにちょっとでも疑問が生じたらその場で質問し、クリアにしてください。

自分が管理している不動産評価がはたしてどの程度なのか確かめたい時、どういう方法がありますか?まず鑑定士に依頼するのが普通でしょう。現代はネットでどこにいる専門家へも依頼できます。でもその敷地の評価を最も適正に割り出せるのはどんな立場の人なのでしょう。

私は当然物件のある一帯の不動産鑑定士に聞くのがベストだと考えます。理由は不動産価値は地域特徴が深く関与してくるからです。その土地を知らない鑑定士に頼んでも、土地の価格帯や需給状況から検査する必要が出てきます。時間と労力がひどくかかるでしょう。日々の業務を通じてそのエリアを詳しく知る専門家は多角的に不動産価値を示す事ができるのです。

更新情報